【感想】人をダメにするちょいブスの無料のネタバレを読んだ感想をまとめました。

人をダメにするちょいブスの「無料ネタバレ」

服を引き裂かれた 人を,ダメにするちょいブスの白い肢体を、男たちの舌が舐め回す。

「や、あ、許し、て……っ」

極太のバイブを押し込まれる

機械に陵辱されてイかされ続け、泣きながら許しを請うが無視された。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画のネタバレとあらすじ

1.自分がいないことになっていた!懐かしいような歯がゆいような安心ししきった心持ちで新しい世界を見渡してみれば、自分なるものがいないことになっていた。

 

本屋に棲みつく悪魔はそんな風に封印されていた。さあ、これで悪魔に気づく人はいない。

 

いうように。

 

岩で顔を叩き潰してでも女友達にそっくりにしないと気が済まないという人たちの世界だ。

 

本屋に棲みついていた悪魔は、恨みや殺意を抱き静かに存在した。

 

やはり、新進の若手の作家の名を冠していた。

2.自分がいない世界話題の新進の若手の作家からどうやら自分は見えないらしい。

 

透明人間が如く、自分のいない世界は進行していく。

 

だが、進行を俯瞰しているのではなかった!

 

ある種の拷問によりそれは世界という体裁をしていた。

 

微笑み似せられた女友達は、だが鞭打つことで鞭打つことを手段に鞭打つ間だけ幸せだと微笑んでいるではないか!

 

これは、なんだ?この世界という代物はなんなのだ?

 

鞭打ち続ける女友達は、笑みが途切れる時、だが、鞭打たれているものを思い出したり手当てしたり気遣ったりすることが不思議とない。

 

 

ミスチルの血が吹き出すPVさながら血は吹き出すにまかせ吹き出したまんまではないか!!

 

 

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓