人をダメにするちょいブス【無修正の画像入りのネタバレ】かなりエロい漫画です。※観覧注意

後ろ手に縛られた洋子の脚を、男たちが強引に開かせる。

 

「も、やめ……、嫌、……っ」

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

 

 

普段から会社に飲み会を行っていく事で大変多くの情報を楽しんでいく事が可能となるのです。普段からの同僚との飲み会等を頻繁に行っていく事は大変素敵な人生を生きていく上でも重要な意味があるのです。

 

普段から会社の同僚等と行く飲み会で素敵な時間を楽しんでいく事が可能となるのです。

 

普段からの頻繁な意見交換等を行っていく中で大変重要な事となる社内の事情などを自分から知る事が可能となるのです。

 

自分らしい普段からの仕事を行って行く傍らこのような方法で社内の情等をしっかりと行っていく事でより素晴らしい社内の人間関係構築を行っていく事が可能となるのです。

 

自分らしい仕事を自分で行っていきながらそのような社内での人脈形成を行っていく事でより安心して多くの時間の中で充実した時間を送っていけます。

普段からのそのような中での素晴らしい方法での飲み会での情報収取を考える事で素敵な自分らしい人生を送っていく事が可能となるのです。

 

普段からのそのような中でのきちんとした人脈形成術等を行っていく事で素晴らしい自分でいつまでもいる事が可能となるのです。

 

是非、素敵な時間を多くの方と過ごす方法で自分を磨いていく事を考えてはいかがでしょうか。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

ローションを絡めた極太のバイブが、強引に突き入れられた。

玩具に翻弄され、細い肢体が震える。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

主人公が体験した、エッチな体験談をネタバレします。

 

みなさん健康ランドって行ったことあります。

 

 

あの、お風呂とかに入って泊まれる施設です。

 

スーパー銭湯とかに結構似ています。

 

 

この健康ランド、めっちゃエロいんです。

 

これは、わかる人はたくさんいると思います。

 

 

まず、健康ランドでは、専用のムームーと言われる、パジャマのようなものを着るんですが、これが妙に興奮するんです。

 

 

そして、広い休憩室があるのですが、ここに男女が入り混じって休んでいるのです。

 

 

休憩室では普通のお姉さんが横になってスヤスヤ寝ていたりします。

 

 

しかも隣との距離が近い場合があるんです。

 

 

まるで、お姉さんと添い寝してるくらい近いところもあります。

 

 

本当にキスしそうなくらい近い。

 

 

もちろん、女性専用の休憩室もあって、そこには入れません。

 

 

でも、男女が一緒に休憩しているのは珍しくありません。

 

ある日、私は休憩室で休んでいました。

 

そして、あまりに疲れたので眠りました。

 

2時間くらい寝たでしょうか。

 

私は、目を覚ましました。すると、横に若いお姉さんがこっちを向いて寝ていました。

 

 

しかも、お姉さんは、口から少しよだれが垂れていました。

 

めっちゃエロい。エロすぎる。

 

私は、お姉さんのほうを向いて目を細めにして、寝ているフリをして、ずっとそれを観察していました。

 

 

これだけの話ですが、顔の距離が近いのでめっちゃ興奮しました。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

 

合コンの時に友達の紹介で他の高校の男性と知り合い初めはメールのやり取りをしていて会ってみたいとメールがきたのでお互い会い数日後電話で付き合ってほしいと言われ付き合いました。

 

 

付き合いだしてから数カ月後いつも通り彼の自転車の後ろに私が乗り彼が駅まで私を送ってくれてる間、私が彼の腰に手をいつもと変わりなく回して自転車の後ろに乗っていたのですが、

 

 

私は全く気づかなかったのですが砂利道を、自転車で走行していた時に私の手が緩み彼の陰部に何度も手が当たってしまってたみたいで、

 

 

 

私が彼を誘っていると彼が勘違いして私の手を取りズボンの中に手を入れられ「生で触って」と言われ上下に手を動かしたら彼が我慢しきれなくなり、夕暮れで自転車で通っていた細い道は人気がなく彼が私に性行為を求めました。

 

 

 

野外でなんてしたことない私は戸惑いましたが彼はもうその気になっていたので従いました。見えない道に二人で行き、彼は私を寝せると、胸を揉んだり舐めたりしてきて、そうしている間に下着を脱がされ私の陰部を彼が舐めました。

 

 

 

 

びっくりしてビクッとなりました。

 

 

 

恥ずかしくなってるうちに今度は彼の性器を私が口にくわえ、舐めたりしました。

 

 

その時点で彼はもうイキそうになっていて固く大きくなっていました。

 

 

イカれる前に私から彼の性器を掴んで入れて、その行動に彼は嬉しがり激しくお互い求め合い数分で彼はイキました。

 

野外での、生行為は初めてでした。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

 

これは、中学生の頃のエッチな感想です。

 

私には、いとこがいます。

 

私より2つ下の女の子です。

 

顔は、めちゃくちゃ可愛いです。

 

 

数年に一回の頻度で遊びに来るのですが、来るたびにドキドキしてしまいます。最近は、忙しくてほとんど来なくなりましたが。

 

 

そんなある日、私は、いとこと部屋でゲームをやっていました。

 

 

そして1時間くらい遊んでから、「とりあえず用事があるから」といって、いとこは部屋から出て行きました。

 

 

その時に、いとこは噛んでいるガムを紙に包んで、私の部屋のゴミ箱に捨てていきました。

 

 

私は、ドキドキしました。

 

 

このガムを食べたら、可愛いいとこと間接キスです。

 

 

私は、唾液フェチなんです。ゴミ箱を見ると、それはありました。

 

 

私は、それを手にとって、つつんである紙を広げてみました。

 

 

すると、そこに噛みたてのガムがありました。

 

 

 

私は、それを手にとってちょっとこねてみました。

 

 

すると、中から唾液が染み出してきました。

 

 

それを見て、私は凄く興奮しました。さっそくガムを口の中にゆっくり入れました。

 

 

そして、味わってみました。

 

まだ、ガムの味が残っています。

 

 

お、美味しい。違った意味で美味しい。

 

これはもう変態としか言いようがありません。

 

 

でも欲望は止められません。

 

 

とりあえずこれは神様のプレゼントと思って、ありがたくいただきました。

 

以上、この漫画感想でした。

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓